有吉弘行と夏目三久の恋愛報道がマスコミに黙殺される理由

なぜか報道されないビッグカップル誕生のニュース

有吉弘行
出典:太田プロダクション

有吉弘行有吉弘行と夏目三久の熱愛・妊娠報道が流れて以降、この話題の取り扱われ方の不自然さが憶測を呼んでいます。

スポンサードリンク

8月24日、日刊スポーツが二人の熱愛・夏目の妊娠をスクープしましたが、これだけの大きなニュースにも限らず、ワイドショーを始め、この話題を取り上げるテレビ番組は一切ありませんでした。

なぜビッグカップル誕生のニュースが全テレビ局から黙殺されることになったのか?
今回はこの不思議な報道現象が起こった原因、真相に迫ってみたいと思います。

スクープは誤報だったのか?

まずすぐに思いつくのは日刊スポーツのこのスクープが誤報だったというケースです。テレビ局が話題を大々的に取り上げたところで、のちに誤報ということが発覚すれば、局や番組の信用にかかわる問題になるため、取り扱うことを見合わせたという可能性はありえます。

しかし、そうなると新たな疑問点が生じます。

仮にこのスクープが誤報ということで、各局が報道するのを見合わせたという流れがあったとするならば、それだけ決定的で確証生が高い根拠となる裏付けがあったということになります。

誤報を決定づける一番の根拠となるのは、本人たちが取材に対して完全に否定をすることです。

夏目は24日にスポニチの独占取材に対して交際や妊娠、結婚の噂に対して

「事実無根とはっきり申し上げます」

と発表。有吉の事務所も、本人に確認をしたとして「事実無根」と声明を出しました。

しかしスクープを報じた当の日刊スポーツは「記事の取材内容には自信があります」としており、夏目や有吉サイドと日刊スポーツサイドでは言い分が食い違いを見せたままとなっています。

いずれにせよ、このスクープをテレビ局各社が口裏を合わせたかのように共通して報じない姿勢を見せているのは、視聴者としては違和感を感じずにいられません。

スポンサードリンク

Twitterでつぶやくだけの有吉にも違和感

報道後、有吉が出演した生放送でこの熱愛報道に触れることはなかったものの、進行の流れの中で共演者の陣内智則が

「君の方がオレたちは心配しているよ…」

と熱愛報道を踏まえた上での意味深なツッコミを入れています。報道が誤報ならもっと開き直って有吉自信がネタに使うくらいのことをしても不自然さはないですし、もっと積極的にこの話題に触れてもおかしくはないはずです。しかし有吉は事務所発表以外には自身のTwitterで

「これを狐につままれたような気分というのか…」

と一度ツイートをしたのみです。パーソナリティを務めるラジオ番組でも騒動に直接触れることはありませんでした。

これだけ注目を集めている話題にも限らず、まるでこの話題を敢えて避けているかのような不自然な態度が、この出来事の裏にはやはり何かがあるのではないかと言う想像に輪をかけているのです。

噂される大手芸能事務所Tの絶対的権力

これだけ不自然さが際立つ今回の熱愛報道。その裏には芸能界のパワーバランスが大きく関与しているという見方があります。

夏目の所属事務所は芸能界大手の事務所T。有吉の所属事務所Oも大きな事務所ですが、規模的にはTには及びません。仮に芸能事務所同士の上下関係が存在しているとするなら、事務所Tの働きかけによって所属タレント・夏目三久のイメージに傷がつかないように情報統制の根回しがされたと想像することは容易にできます。

Twitterフォロワー数日本一のタレントである有吉の活躍は周知の事実ですし、芸能人としての個々で比較した場合には夏目よりも有吉の方が現在のテレビ界での需要は高くタレントパワーは上と思われますが、その有吉のブランドが通じない次元で事務所同士の力関係が存在するのかも知れません。

事務所の圧力があったのではないかというこの疑惑に関して、それを裏付けるような次のような考察もあります。

T社長が夏目を可愛がっている

夏目の所属事務所のT社長は、スキャンダルによって夏目が日本テレビを退社した際に、自身の事務所に受け入れ現在の活躍の足固めに尽力した人物で、夏目を大変可愛がっているといいます。夏目にはスキャンダルに巻き込まれて欲しくないという思いが強いでしょうし、仮に相手が元々の共演者で人気絶頂の有吉だったとしても、手塩にかけた夏目の肩書きやイメージを汚さないように、夏目を守るという大義名文でテレビ局各社に報道自粛を呼び掛けたとしても不思議ではありません。

スポーツ新聞社とテレビ局の関係

一連の騒動の発端となったのは日刊スポーツのスクープでしたが、この日刊スポーツ社は朝日新聞系列、テレビ局で言えばテレビ朝日の関連会社です。有吉と夏目の交際が本当だとすると二人が共演していた「マツコ&有吉の怒り新党」はそのきっかけとなった人気番組で、同局の看板番組の一つでもあります。

日刊スポーツがスクープを報じるにあたっては、関係の深いテレビ朝日や関係事務所に根回しがされていたはずという声もあります。つまり、もともとはこのスクープにテレ朝サイドはOKサインを出していたとする見方が出来るということです。

つまり当初は有吉と夏目の共演者同士の交際報道はめでたいニュースとして大々的に報じられるはずだったのではないでしょうか?

しかし、何らかの事情でT社長はこの報道を後から知ることとなり、慌てて火消し活動が行われたのではないかという推測ができなくもありません。

実は夏目の反論記事がスポニチに単独掲載されたこともこの推測の信憑性を高めています。スポーツニッポン新聞社は毎日新聞社の系列なので、スポニチはTBS系のスポーツ新聞になります。夏目が現在司会を務める「あさチャン!」はTBSの朝の情報番組。TBSとスポニチとT事務所が一丸となってスキャンダル封じに出たという見方はできないでしょうか?もちろんそこに夏目本人の意志がどこまで反映されているかは知る由もありませんが…。

芸能事務所の圧力?はこれまでにもあった

今回の芸能事務所Tとは別ですが、業界最大手とも言われる芸能プロダクションBに関して次のような噂がありました。

関西タレントKに関する噂

関西を中心に活躍し一時期は全国区でも活躍していたタレントのKですが、現在はテレビ等で見かけることはほとんどありません。これは一説によると彼が自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で、芸能事務所Bの社長S氏を誹謗中傷したためではないかと言われています。真相は現在も謎のままです。

元国民的アイドル歌手Kに関する噂

元アイドル歌手で現在では女優として活躍中のKが離婚した時にも事務所Bの力が影響を及ぼしたのではないかと言われることがあります。Kが俳優Nと離婚した原因はNの浮気とされていますが、事実は異なっておりそれを隠すために事務所Bがカムフラージュ工作を講じたという見方です。真相は現在も謎のままです。

モデル出身の大物女優Fに関する噂

女優業を中心にマルチに活躍するFに関してもグレーな噂が聞かれます。タレントJとの離婚のさいに、離婚原因はJの浮気として大々的に報じられましたが、実はこの報道の真偽も定かではないという見方をする人が多いのです。Fの事務所BとJの所属事務所Yの間で何かの密約が交わされたと推測するのは映画やドラマの見過ぎでしょうか?それとも…。

あくまで一例ですが、よく語られる大手事務所Bに関する噂を紹介しました。

開けてはならない芸能界のパンドラの箱

夏目が妊娠までしているのが事実なら近い将来に知られることです。しかし、そうでなければ熱愛報道の真相は永遠にわれわれは知ることができずに闇に葬り去られるかも知れません。この問題によって視聴者が目の当たりにした多くの不可解な出来事からは、巨大権力を牛耳る芸能プロダクションの存在が見え隠れします。しかし私たちがが知りうることには限界があり、その権力の存在は都市伝説にも似たものがあります。芸能界の禁断のパンドラの箱が実在するなら、何かの弾みで関わりを持ってしまった芸能界の当事者や関係者は好き好んでその箱を開けることはないのかも知れません。いや、開けてはならないのでしょう。

スポンサードリンク