ASKA容疑者の車内映像を流出させたタクシー会社が謝罪

ASKA容疑者のドライブレコーダー映像の流出元はチェッカーキャブと判明

ASKA新アルバム完成間近 新曲プロモーションはYoutubeで

覚醒剤取締法違反の容疑で再逮捕されたASKA容疑者が、28日の逮捕当日の夕方、目黒の自宅マンションに帰宅する際に乗車したタクシー内の映像が翌日29日に成ると複数のワイドショー番組で流された件で、30日タクシー会社のチェッカーキャブが公式ホームページにて謝罪声明を発表した。

スポンサードリンク

問題となったドライブレコーダーによるASKA容疑者の車内映像については、各局が放送するとネットでは倫理上の観点から問題視する声が飛び交い、早々に映像を提供したタクシー会社が特定された。

通常タクシーのドライブレコーダーの映像の使用目的は、防犯や事故が起きた際の原因究明、または安全運転教育への資料映像としての活用などとされ、逮捕前のASKA容疑者の映像を外部に提供するというのは人権問題に関わってくると考えられる。

当日の容疑者の様子をうかがい知るために捜査関係者がタクシー会社に提出を依頼することはあって然るべきだが、ワイドショーのネタとして扱われる目的で会社が提供したということになると果たして今回の謝罪だけで済むのかという疑問が生じてくる。

ここ数日テレビを賑わせているASKA容疑者の逮捕報道だが、この映像流出事件は全く別の人権問題という点で今後も引き続き議論されそうだ。

スポンサードリンク