ピラミッド・ダービーにBPOが放送倫理違反の意見書

BPOがピラミッド・ダービーの過剰演出に意見書

双子見極めダービー

BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会が6日、TBSのバラエティー番組に「ピラミッド・ダービー」に対して放送倫理違反を指摘する意見書を公表しました。

スポンサードリンク

問題となったのは6月19日放送のTBS系バラエティー番組「珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー」の中のコーナー「双子見極めダービー」の演出・編集について。

この企画は元刑事、顔相鑑定士、IQ芸人、メンタリストの4名が回答者として登場し、数組の双子のペアが入れ替わったかどうかを当てるというクイズ。

ピラミッドダービーの双子見極めダービー

回答者の一人である顔相鑑定士の男性が、収録時には最後まで解答席に残っていたにも関わらず、放送時には編集によって途中で脱落したかのような演出が突如加わり、男性の姿がCG処理によって解答席から消されてしまったため、男性が抗議をしていました。

BPOがTBSピラミッドダービーに放送倫理違反の意見書

男性にしてみれば、このような事前に聞かされていない編集が加わることで、職業上も悪影響を及ぼすことが考えられるため、放送終了後に自身のブログでも怒りをあらわにしていました。

スポンサードリンク

今回BPOはTBSに対して「出演者への敬意や配慮を著しく欠いた編集は放送倫理違反」とする意見書を公表し、番組制作環境の改善と再発防止を促しました。

意見書によれば番組スタッフ間での情報共有が不十分だった点を問題視し、自由に発言できない空気が現場にあったのではと指摘しました。

また、TBSが番組制作会社の制作過程をチェックする体制が不十分で実質的には制作会社に丸投げしていた点に、番組に対する責任所在の曖昧さを生む危うさをはらんでいるとも指摘し、今後の改善を強く求めています。

テレビなどのメディアに対して厳しいコンプライアンスが求められるようになった昨今、年に何度かのBPO審議の話題を耳にすることがありますが、今回のようにテレビの影響力によって出演者の職業上のマイナスイメージにつながるような過剰演出がなされてしまうのは迷惑この上ないことであり、再発防止には真摯に取り組んでもらいたいところです。

バラエティー番組といえども「面白くするため」では言い訳にならないこともあることを忘れないで欲しいものですね。

スポンサードリンク