ジャニーズJr. 祭り大混乱 デジタルチケットで入場トラブル続出

ジャニーズJr.祭りでデジタルチケット不具合でトラブル

7日〜9日、さいたまスーパーアリーナで「ジャニーズJr. 祭り」が開催され大盛況のうちに幕を閉じたが、コンサートのなかび8日に入場時のトラブルが発生し一部のファンから不満の声が聞かれている。

スポンサードリンク

今回の公演では、昨今のチケット高額転売問題への対策として、入場券に「デジタルチケット」を導入。当選したファンにはQRコードだけが送られており、座席は当日の入場時までわからないシステム。さらに現場での発券の際には身分証明書に夜本人確認も行なわれるという厳重な対策が取られていたという。

ところが、当日QRの読み取りシステムに不具合が生じ、開演時間が遅延、さらに存在しない席番が印刷されるというトラブルも起こり、手書きのチケットが配布されるという非常事態となった。

この日は公演開始時間の遅延に関して、会場のファンへジャニーズJr.の安井謙太郎さんから謝罪の言葉が述べられるなどの対応も見られたが、ファンの事務所・運営サイドへの怒りは治まらず、Twitterでは14時頃に「デジチケ」のキーワードがトレンド入りするなどSNSが一時ファンの不満で炎上した。

ジャニーズネットには7日〜9日、さいたまスーパーアリーナで「ジャニーズJr. 祭り」が開催され大盛況のうちに幕を閉じたが、コンサートのなかび8日に入場時のトラブルが発生し一部のファンから不満の声が聞かれている。

スポンサードリンク

今回の公演では、昨今のチケット高額転売問題への対策として、入場券に「デジタルチケット」を導入。当選したファンにはQRコードだけが送られており、座席は当日の入場時までわからないシステム。さらに現場での発券の際には身分証明書に夜本人確認も行なわれるという厳重な対策が取られていたという。

ところが、当日QRの読み取りシステムに不具合が生じ、開演時間が遅延、さらに存在しない席番が印刷されるというトラブルも起こり、手書きのチケットが配布されるという非常事態となった。

この日は公演開始時間の遅延に関して、会場のファンへジャニーズJr.の安井謙太郎さんから謝罪の言葉が述べられるなどの対応も見られたが、ファンの事務所・運営サイドへの怒りは治まらず、Twitterでは14時頃に「デジチケ」のキーワードがトレンド入りするなどSNSが一時ファンの不満で炎上した。

ジャニーズネットには9日から、コンサート事務局(株)ヤング・コミュニケーション名義でトラブルに関するお詫びが掲載されたが、5月3日には大阪城ホールでの同公演が控えているだけに、今回の教訓を生かして大阪、あるいは今後のデジタルチケット導入公演においては万全の体制でイベントのスムーズな運営を実現させてもらいたいところだ。

スポンサードリンク