渡辺謙の不倫報道に古市憲寿が「乙武さんと何が違うのか?」

渡辺謙に不倫報道
出店:K Dash Group 公式サイト

30日に放送されたのフジテレビ「とくダネ!」で、俳優・渡辺謙の不倫が報じられた際にコメンテーターの社会学者・古市憲寿氏が報道姿勢に対して独自の見解を示した。

スポンサードリンク

番組では同日発売の週刊文春がスクープした渡辺謙とジュエリーデザイナーの女性との不倫報道について特集を組み放送。司会の小倉智昭は

「謙さんの事務所の方から、このご夫婦の素晴らしい話を聞いているから、この2人はビクともしないんじゃないの?」

と楽観的なコメントをすれば、笠井信輔アナウンサーは

「謙さん、ヤバイですよ」

と、今回のリーク元が近親者である可能性を心配しショックを隠せない様子を見せた。梅津弥英子アナウンサーも

「衝撃でした。謙さん、どうするのって…」

と同様を隠せない。出演者がそれぞれの受け止め方をする中、コメンテーターの古市憲寿氏の見解は異質だった。

出演者の誰もが渡辺も不倫行為自体を糾弾するコメントを控える中、古市氏だけは

「去年のベッキーさんや乙武さんのときはまるで犯罪者みたいな扱い方をしておいて、でも今回のVTRとかはポップな感じで。渡辺さんと乙武さんで何が違ったんだろうと言うことは考えてしまった」

と、昨年ゲス不倫騒動によって長く謹慎を強いられた(または自分に課した)二人を引き合いに出し、今回の渡辺の不倫報道に対する番組の取り上げ方の違和感に苦言を呈したのだ。

スポンサードリンク

古市の発言の真意は、もちろん個人的に渡辺に恨みがあるわけでもなんでもなく、日本を代表する世界的スターの渡辺なら、社会的に非難の的となる「不倫」をしてもタレントや文化人と同じようには扱われず「仕方ない、スターなのだからそれぐらいのことはあるだろう」と周囲が都合よく解釈し、あまりにも容易く受容してしまっていいものか、という問いかけだったのだろう。

MCの小倉は腑に落ちない様子の古市に対して「世界の渡辺謙だからですよ」と言ってそのばをやり過ごしたが、古市氏の心中は穏やかではなかっただろう。

古市氏は乙武氏とも親交が深いことで知られる仲。昨年バッシングを受け仕事も私生活も大きく舵の取り方の変更をせざるを得なかった乙武氏の苦労を間近で見てきた古市氏だけに、同じ不倫騒動に対するメディアのアンフェアな報道姿勢は許すことができないのであろう。

恋愛に無関心、草食男子なことでも知られる古市氏にとっては、渡辺謙の不倫そのものはどうでもいいことであろう。この日の辛口コメントによって古市氏は、相手によって容易く手のひら返しをするメディアそのものや疑問を持たずに情報を消費するだけのユーザーへ身を持って警鐘を鳴らしたかったのではなかろうか。

スポンサードリンク