石原慎太郎元都知事が豊洲問題の責任追及で参考人招致「全部話す」

石原慎太郎元都知事が豊洲問題の責任で参考人招致に出席

 

都議会の豊洲市場移転問題特別委員会が7日、石原慎太郎元都知事を用地取得などに関する参考人として招致を決めたことを受け、石原氏が「喜んで応じる。知っていることを全部話す」と招致を快諾した。

スポンサードリンク

これまで小池都知事との直接会談を避け、質問にも書面で回答するに留まっていた石原氏だが、参考人招致という都議会の具体的なアクションがなされたことで、逃げ回っている印象を都民に与え続けるのも良くないと判断したため招致を承諾した格好だ。

他に参考人招致が検討されている元副知事の浜渦武生氏や前知事の舛添要一氏などについては現在も調整中とみられている。

参考人招致の日程は14日の特別委員会理事会にて決定されるが、早ければ2月末にも行なわれる見通し。この招致で豊洲移転が決定した経緯のすべてが明らかにされ責任の所在が明確化すれば、移転問題は大きく前進することになるだろうが、形だけの出席となって肝心な責任問題をあいまいにしたままで終わるとなれば、次はいよいよ百条委員会を設置という事態にもなりかねない。

一日も早い豊洲問題解決を何よりも願っている市場関係者にとって、石原氏の参考人招致出席は極めて大きな進展と言えるだろう。

スポンサードリンク