KABA.ちゃんが性転換手術を終え改名して人生再スタート

KABA.ちゃん 身体も戸籍上も念願の女性に!!

KABA.ちゃん
出典:株式会社プラチナムプロダクション

オネエタレントのKABA.ちゃんが性転換手術(性別適合手術)を終え、8月には戸籍上も女性に変更したことで正真正銘の「女」に生まれ変わった。

スポンサードリンク

近年のKABA.ちゃんはテレビ番組で見かけるたびに、見た目の女性化がものすごい速度で進んでいたように感じた視聴者の方も多いのではないだろうか。実際にKABA.ちゃんはアゴを削る小顔整形・福耳手術・二重まぶた手術・小鼻手術などの複数の整形を行なっている。45歳の時には去勢手術を済ませたり、その後もホルモン治療を受けていた。

KABA.ちゃんは7年前に大失恋を経験し、それをきっかけに性転換の手術を決意したという。そして今年3月にタイで性転換手術を受け、念願の女性の身体に生まれ変わることができた。しかしKABA.ちゃんの女性への変身願望は身体を手に入れただけでは終わらない。8月に戸籍も男性から女性に変更をして、戸籍上も晴れて女性となったのだ。

9月25日のフジテレビ『ザ・ノンフィクション』では女性への生まれ変わりの道を歩むKABA.ちゃんの近年の密着取材の様子を放送。戸籍変更後初めてのテレビ出演となる今番組では本名の「椛島永次」から変更した新しい女性としての本名が「椛島一華(いちか)」であることを公表。一から出直す、もう一花咲かせる、そんな意味を込めた命名とのことだ。

「もし後悔しない生き方をするなら、今からでも女になりたい…。」

男性としての己の身体に違和感を感じながらも誰にも相談できずにもがき苦しんだ時代から、カミングアウトをして一途に女性としての人生を歩むことを目指した近年のオネエタレント時代、そしてついに身体も戸籍上も女となって新たに歩み出すこれからの人生。47歳にして人生の再スタートを切ったKABA.ちゃんの自分自身に嘘をつかずに困難な道を歩んでいく姿勢は人生を真剣に生き抜いていく姿に他ならない。

スポンサードリンク