加藤清史郎「こども店長」から7年の現在

現在中学3年生すっかりイケメンに成長

加藤清史郎の現在
出典:livedoorNEWS

かつて「こども店長」として親しまれた加藤清史郎クン。この度出演映画の舞台挨拶で公の場に登場し、すっかりイケメンに成長した姿を見せてくれました。

スポンサードリンク

今回の映画「クハナ!」は三重県桑名市の廃校が迫った小学校を舞台に、生徒たちがジャズバンドを結成し成長していく物語。松本来夢・久志本眞子のダブル主演を務める。

最初にCMでこども店長を熱演した2009年から7年経った現在、清史郎クンは15歳。実生活では中学3年生。今回の作品では小学生6年生役を演じたが、配役としての小学生は今作が最後になるのではと語った。

ずっと子役のイメージを持っていたタレントが気がつけば思春期を迎え、大人の階段をものすごいスピードで駆け上がっているということはよくあるが、清史郎クンも来年は高校生。1歳で芸能界デビューを果たしていることを考えれば、ほぼ年齢がそのまま芸歴になるというベテランの清史郎クンだが、今後は映画やドラマ作品の中で様々な「若者」を演じていくことになる。どのような魅力を持った俳優となっていくのか、国民的子役の成長に注がれる視線は熱い。

スポンサードリンク