NHK紅白歌合戦2016の出演者発表 宇多田ヒカル初出場 和田アキ子は落選

第67回NHK紅白歌合戦出場歌手が決定

紅白歌合戦2016出演者発表

大晦日のNHK紅白歌合戦2016(正しくは「第67回NHK紅白歌合戦」)の出演者が24日午後に発表された。今大会の司会・出演アーティストは下記の通り。

スポンサードリンク

【司会】紅組・有村架純/白組・相葉雅紀

【総合司会】武田慎一アナウンサー

【紅組】50音順

  • AI(2)
  • 絢香(8)
  • E-girls(4)
  • いきものがかり(9)
  • 石川さゆり(39)
  • 市川由紀乃(初)
  • 宇多田ヒカル(初)
  • AKB48(9)
  • 大竹しのぶ(初)
  • 欅坂46(初)
  • 香西かおり(19)
  • 坂本冬美(28)
  • 椎名林檎(4)
  • 島津亜矢(3)
  • 高橋真梨子(4)
  • 天童よしみ(21)
  • 西野カナ(7)
  • 乃木坂46(2)
  • PUFFY(初)
  • Perfume(9)
  • 松田聖子(20)
  • 水森かおり(14)
  • miwa(4)

【白組】50音順

  • 嵐(8)
  • 五木ひろし(46)
  • X JAPAN(7)
  • 関ジャニ∞(5)
  • 桐谷健太(初)
  • KinKi Kids(初)
  • 郷ひろみ(29)
  • 三代目 J Soul Brothers(5)
  • THE YELLOW MONKEY(初)
  • SEKAI NO OWARI(3)
  • Sexy Zone(4)
  • TOKIO(23)
  • AAA(7)
  • 氷川きよし(17)
  • V6(3)
  • 福田こうへい(3)
  • 福山雅治(9)
  • 星野源(2)
  • 三山ひろし(2)
  • 山内惠介(2)
  • ゆず(7)
  • RADWIMPS(初)
  • RADIO FISH(初)

紅組出演者の中でも注目は宇多田ヒカルの初出場だ。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌として「花束を君に」が使われたことが大きな接点となったが、今年は8年ぶりに本格復帰しアルバムも異例の大ヒットを果たした宇多田。会場に参加するのか中継枠となるのか詳細は不明だが大きな注目を集めることは間違いない。

PUFFYKinki Kidsイエローモンキーの3組はいずれも結成20周年にあたる同期アーティスト。事情は異なるがこれまで3組とも出場はなく揃って初出場を果たす。

大竹しのぶ桐谷健太といった俳優陣の異色のエントリーも興味深い。

記録的大ヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌・劇中歌を歌ったRADWIMPSやお笑いコンビオリエンタルラジオを中心に結成されたユニットRADIO FISHも若い世代の注目を集めそうだ。

スポンサードリンク

出演しないアーティスト

意外な落選者としては紅組出演者では39回という歴代最多出演も果たし、今大会では31回連続出場という記録がかかっていた和田アキ子が落選。司会やトリを務めることも多かった和田だが出演者の新陳代謝を図るNHKの判断により今年は出演が見送られた。

また年内で解散が決定しているSMAPも最後のステージとして国民的番組である紅白の舞台が噂されていたが交渉が難航し出演は叶わなかった模様。ただしNHK側は今後も特別企画枠でのオファーを続けていく考えというから、ファンとしては最後のミラクルに期待したいところだろう。

2013年の北島三郎の紅白引退と同様に、今年は細川たかしも紅白の出演を辞退することを事前に表明したため今大会から出演はなくなった。

4年連続で「女々しくて」を披露したゴールデンボンバー(金爆)も今年は落選してしまった。

中森明菜も年末にディナーショーで復帰することが決定していたため松田聖子との80年代スーパーアイドル共演が噂されていたが出場には至らなかった。

美輪明宏EXILEなどの大物アーティストも今年は不出場となった。

「PPAP」で秋以降の話題を席巻したピコ太郎の名前は残念ながらないが、お笑い企画枠での出場が確実視されている。

スポンサードリンク