第7回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング発表(2015年)

第7回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング(2015年)

2015年は木村拓哉がついにトップ1に輝く

なりたい顔ランキング男性2015年

ORICON STYLEの年末恒例企画「男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」。2015年は第7回目にして木村拓哉がついに首位を獲得。その他の順位も大きく変動し激動の展開となった。

1位 木村拓哉
2位 福士蒼汰
3位 阿部寛
4位 イチロー
5位 向井理
6位 岡田准一
7位 西島秀俊
8位 櫻井翔
9位 竹野内豊
10位 佐藤健

1位の木村拓哉についてはもはや解説不要だろう。平成以降、長年にわたって日本を代表するイケメンタレントとして輝きを放ち続けてきたのがキムタク。年を重ねても都会的な格好よさは全く衰えを知らない。「これぞ男前!」「なんでも備わってる無敵感」など、キムタクは男が欲しいもの全てを持ち合わせた“理想の男”なのだ。今回のアンケートから回答者の年代がこれまでの10〜40代に加えて50代も追加されたことも影響しただろう。中年層にとってはやはり「いい男=キムタク」という思いが潜在的にあるのは間違いない。

2位は福士蒼汰。「あまちゃん」以降あっという間に国民的俳優にまで上り詰めた彼の魅力は何と言っても爽やかな笑顔だろう。10〜20代の高い支持を得て見事2位にランクインを果たした。

3位は上位の常連メンバー阿部寛。ワイルドさとダンディーさが40〜50代の票を集めたのではないだろうか。

4位にはプロ野球選手のイチロー、7位には西島秀俊がともに前年までの圏外から一気にランクイン。これも50代がリサーチ対象に加わった影響と見るのが正しいだろう。イチローや西島は”なりたい顔”ではあるものの内面の輝きも重視された結果と言えるのではないか。8位には嵐の櫻井翔が初トップ10入り。格好良さはもちろん、近年ではニュースキャスターとしての顔もすっかり定着し知的なイメージも憧れの要素となっているのだろう。

※福山雅治は2013年の同ランキングで5連覇を達成し殿堂入り。

スポンサードリンク