第8回 男性が選ぶ”なりたい顔”ランキング発表(2016年)

第8回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング(2016年)

2016年の1位はディーン・フジオカ

男性が選ぶ"なりたい顔"ランキング2016年
出典:DEAN FUJIOKA公式ウェブサイト

年末恒例ORICON STYLE「第8回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」が発表された。今年は”逆輸入俳優”ディーン・フジオカが初ランクインにして第1位を獲得という大変動が起こった。それでが男性の憧れの顔の最新トレンドを見てみよう。

1位 ディーン・フジオカ
2位 竹野内豊
3位 佐藤健
4位 向井理
5位 木村拓哉
6位 妻夫木聡
7位 福士蒼汰
8位 玉木宏
9位 櫻井翔
10位  山崎賢人

スポンサードリンク

首位に輝いたディーン・フジオカは2015年放送のNHK連続テレビ小説「あさが来た」への出演(薩摩藩士・五代友厚役)がきっかけとなり大ブレイク。五代様ブームを巻き起こした。それまでは日本国内ではなくアジアを中心に活躍してきており、日本語、北京語、広東語、英語、インドネシア語の5ヶ国語を使いこなす超インテリだ。俳優業だけにとどまらず、ミュージシャン、モデル、映画監督などもこなすマルチな才能に溢れた異色の表現者である。

2016年は本格的に日本での活躍がスタートし、多くの人気ドラマやテレビ番組に引っ張りだこだった。芸能界に彗星の如く登場したためか、Dフジオカについての検索回数も非常に多かった影響でYahoo!が選ぶ「Yahoo!検索大賞2016」でも検索大賞と俳優部門の2冠に輝いた。

それだけのハイスペックな才能に加え「端正な顔つき」「年相応の渋さ」「美しい」「優しさがあふれている」など、男性が羨む美貌を兼ね備えているフジオカの活躍に2017年はさらなる注目が集まることだろう。
2位にランクインしたのは竹野内豊。「男からしてもカッコいい」「オトナの男性という感じ」「オトナの色気」など、40代半ばの渋さに惹かれる同性が多い。かつてロンブー淳も「なりたい顔は竹野内豊さん」と公言していたほど、竹内の顔は男の永遠の憧れのようだ。

3位は佐藤健。1位のフジオカや2位の竹野内と比べて若年層の高い支持を獲得した結果と思われる。近年は多くの話題作に出演を果たし俳優としても絶好調の佐藤。「カッコいい」「優しそう」などの声のほかにも顔の各パーツへの称賛も多い。

トップ10のメンバーを見てみると、単なる男前ということよりも、大人っぽさ、男性としてのセクシーさ、優しさ、才能、などの内面から溢れる魅力を兼ね備えていることがポイントとなっているようである。この傾向は「女性のなりたい顔ランキング」となんら変わらないようである。

※同アンケートにおいて福山雅治は2014年に5連覇を達成したため殿堂入りとなっている。

スポンサードリンク