なるみバイキング出演ベッキーに毒舌で持ち味発揮!!東京でのブレイクへ秒読みか

大阪のおばちゃん的本音で視聴者の気持ちを代弁できるなるみ

なるみ
出典:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

10日放送のフジテレビ「バイキング」に関西を拠点に活躍中のベテランタレントなるみが初出演し、味のある毒舌を展開して場を盛り上げた。

スポンサードリンク

番組では9日放送の「ワイドナショー」にベッキーが出演したことをテーマに取り上げ、ゲストコメンテーターが各々の感想を語ったが、なるみは

「きれいなまんまやん。仕上がって帰ってきた。もうちょっとやつれてれば」

「背中にできもんでもあったら良かったのに」

と、毒舌コメントを連発。本人曰く、どうしても一番傷ついた(不倫相手であるゲスの極み乙女の川谷の)奥さんの立場に立ってしまうから、とのことだったが、ベッキー復帰を快く思わない一部の視聴者の声を見事に代弁していたように感じた。

IKKOやブラックマヨネーズとの駆け引きも抜群に面白く、メイン司会の坂上忍も「なるみさん、また来てください」と冗談交じりながらオファーをかけていたほどだ。

関東ではまだまだ認知度は高くないが、なるみは既に芸歴27年のベテラン芸人。関西では知らない人の方が少ないだろう。親しい芸人仲間にはナインティナイン、陣内智則、千原ジュニア、笑福亭鶴瓶など全国区の芸人が大勢いる。関西の人や関西芸人の仲間からしたらなるみが全国区でブレイクしても何の不思議もないというのが本音ではないだろうか。

スポンサードリンク

「バイキング」はスタート以降、方向性が定まらずにいた時期もあったが、最近ではすっかり旬な芸能ネタや時事ネタを人気タレントや専門家が掘り下げるというフォーマットに落ち着き、安定した視聴率を稼ぎ出すようになってきている。取り上げる内容が同時間帯のTBS「ひるおび!」やテレビ朝日「ワイド!スクランブル」と必然的に重なってしまうことが多い為、番組としてはレギュラー出演者に独自性を持たせたいところ。

ものすごく大雑把な言い方をするなら、なるみはプチ上沼恵美子といった立場を担うのに充分な逸材だ。上沼は大御所中の大御所でありMCならまだしも、ワイドショーへのコメンテーターのような出演は気安くは望めない。ギャラの問題もあるだろうし、何と言っても平日は「おしゃべりクッキング」という帯番組を持っているため「バイキング」への出演はどう転んでも叶わないのだ。

しかし、なるみなら上沼のような”ズバズバ本音を言う関西のおばちゃん”のポジションを安心して任せることができる。やはりワイドショーには視聴者のモヤモヤをスッキリと解消させる発言をしてくれるコメンテーターは欠かせないのだ。

同番組では東国原英夫が政治家などのゲストに対して遠慮なく噛み付いていくスタイルが好評を得ているが、女性視聴者が多いワイドショーでは女性のコメンテーターが話題の人物に対してズカズカと土足で踏み入っていくようなスタイルを見せていくことが出来れば大きな支持と注目を集めるのではないだろうか?

今日の放送を見る限りでは、なるみの再登場は確実にあるだろう。なるみが大阪のおばちゃん気質で歯に衣着せないコメントをお昼の茶の間に向けて放ち続ければ、なるみの東京でのブレイクの日はそう遠くないように思う。

スポンサードリンク