大隅良典氏がノーベル賞を受賞した「オートファジー」とは何か

ノーベル賞受賞オートファジーとは

2016年のノーベル医学生理学賞が大隅良典氏(東京工業大学栄誉教授)に授与されることが3日発表されました。

スポンサードリンク

評価された研究内容は、生物が細胞内でタンパク質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」を分子レベルでの解明とのことです。

正直、素人の私には難しすぎてピンときませんが、なるべく噛み砕いて紹介してみようと思います。

カエルやリスやクマの冬眠を例にとってみます。

動物が冬眠できるのは、その間も身体が飢餓状態にならずに生命活動が維持できているからですね。食料を摂取しないのになぜ生き続けるかというと、自らの細胞を作り替えたり、休眠状態となるためなんだそうです。

この時に細胞の中ではたんぱく質を分解して有効活用できる形に変えたり、古くなりすぎないように壊しては作り替えるといった活動をするのだそうです。

スポンサードリンク

この細胞内でのたんぱく質のリサイクルを「オートファジー」と呼びます。家電などにある「ファジー機能」のファジー(fuzzy)とは全く別の言葉で「phagy」と書き「食べること、食べ尽くすこと」の意味になります。ちなみにオートも自動的という意味の「auto」ではなく綴りは同じですが、ギリシャ語の接頭語で「自分自身」という意味です。直訳すると「自分自身を食べ尽くすこと」となります。

生命活動には必須アミノ酸が必要なのですが、冬眠中などの細胞外からの栄養分の供給がない状態の時には、細胞内のたんぱく質の一部が分解され、生命活動に必要なより重要性の高いたんぱく質の合成のための材料に使われるということです。

更に、オートファジーは人類の敵であるガンや老化にも関係していることがすでに解っているそうです。近年の研究においてはアルツハイマー病やパーキンソン病などの病気の一因がタンパク質の異常な増加だと考えられていますが、オートファジーはこのたんぱく質の過剰な蓄積を防ぐ役割を果たしていることも解ってきました。医学の分野でも研究が進めばガン・老化・認知症などの重要な課題を解決する突破口となるかも知れません。

めちゃくちゃ難しい研究なので今回の記事で書いた内容は1/1000程度の薄っぺらい内容だと思いますが、まぁ何も知らないよりは役に立つことがあるかも知れませんので、よかったら頭の隅に入れておいて下さい。

大隅教授のノーベル賞授賞式は12月10日、ストックホルムで開催される予定です。

スポンサードリンク