倉持明日香が惚れ込むプロレスラー沼澤邪鬼とは

倉持明日香が惚れ込むプロレスラー沼澤邪鬼

8日、元AKB48の倉持明日香が、TBS系ドラマ「OLですが、キャバ嬢はじめました」のDVD発売記念イベントに登場した。

スポンサードリンク

同ドラマは昨年6月から7月にかけて放映された、倉持初主演の全4話のドラマ。筧美和子、石川梨華、奥仲麻琴などが出演した。この日のイベントには共演者の高橋胡桃も出席した。

ドラマで演じたキャバ嬢風のドレスをまとって会場に現れた倉持は今年の目標を聞かれると、最近は2作品連続で人を殺める役だったためそうじゃない役をやりたいと本音を漏らした。

また、これまで高校時代は女子校、それからAKBと女性だけの集団に身を置いていたせいか「社内恋愛」に憧れるとも語り、恋愛作品への出演を熱望した。

倉持といえば大のプロレスファンで知られるが、先日4日に開催された新日本プロレスの東京ドーム大会も観戦することができたという。今年はより多くの団体の試合を観戦しに行きたいという目標も持っているそうだ。

そんな倉持が今年最も観戦したいと思っているのが中学生時代に観戦してプロレスにハマるきっかけとなった「大日本プロレス」。大日本プロレスは数ある日本のプロレス団体の中でもデスマッチが中心の超過激団体。そして大日本プロレスの中でも最高にお気に入りの選手は“黒天使”沼澤邪鬼選手だという。

スポンサードリンク

沼澤選手は1977年生まれの現在39歳。大日本プロレスには2000年に入団し、数多くの過激なデスマッチを行ない現在では同団体のデスマッチ部門の重鎮選手だ。

悪役選手ではあるが、ひとたびリングを離れ物販などを行なう際にはファンと気さくに話してくれる親しみやすさもあり、女性ファンも非常に多い。もとより大日本プロレスという団体が過激なデスマッチ路線を歩んではいるものの、リング外での全選手のアットホームさはファンが周知のところ。そんな雰囲気は大日本プロレスのようなインディー団体(=非メジャー団体)には総じて共通している点だとも言える。

沼澤選手は私生活においては2014年にめでたく結婚。奥さんとは若手時代に交際し一度破局しながらも再交際から結婚に至ったという。余談だが婿入りである。

沼澤選手は現在は若手のデスマッチファイターの台頭によって、戦いの舞台はタイトル戦線の第一線からは身を引いているが、まだまだ老け込むには早すぎる年齢であり、今年あたりは倉持の期待に応えるかのような大活躍を見せてくれるかも知れない。

スポンサードリンク