ブタをあっという間に眠らせるワザに専門家も驚愕

探偵!ナイトスクープにブタを眠らせる男が登場

ブタを眠らせる男

11月11日放送の朝日放送「探偵!ナイトスクープ」で紹介されたブタを眠らせる技術が注目を集めている。

スポンサードリンク

奈良県在住の安原大祐さんはペットとしてミニブタを飼育しているうちに寝かしつける技術を体得したといい、この技術が他のどのブタにも通用するのかを検証したいと番組に依頼を出した。

番組では安原さんがペットのミニブタ・ルウ君(3歳)を寝かしつける様子をまずは紹介。あまりにも容易くブタを寝かしつけてしまうので、探偵(レポーター)のたむらけんじが見よう見まねで挑戦すると同じようにいとも簡単にルウ君は気持ちよく眠ってしまった。

安原さんはルウ君が入眠する際の脱力の様子から、個体的な性質ではなく全ての豚がもともと備えている本能的な性質なのではないかと感じ、この技がどの豚にも通用するのかを検証するために番組に応募をしたという。

番組では牧場にいる豚で寝かしつける実験を敢行。人馴れしていない子ブタと大人の豚に安原さんの技が効くのかを検証した。

人間に触られることに慣れていないため、はじめは近づくと逃げてしまうものの、ペットとして豚に接し慣れている安川さんが次第に距離を縮め、なでることに成功。こうなれば後は安川さんの独壇場だ。

まるで犬や猫を愛でるが如くブタをなでると、たちまちブタは膝を曲げて崩れ落ち、身体を無防備に真横にさらけ出し眠りの世界へ。この光景には牧場のスタッフも驚きを隠せなかった。

スポンサードリンク

超簡単?ブタを寝かしつける方法とは

気になる豚の寝かしつけ方だが、番組をご覧になっていない方のためにおさらいしておこう。ブタが警戒心のない状態であることが大前提となるが、その寝かしつけ方は次の通り。

まずはブタの背中や頭を自然になでる。そして徐々に前脚のつけ根をなでる。後ろ脚のつけ根もなでる。その結ぶラインの腹部もなでる。腹部は全体的に撫でるのも有効のようだ。これらのエリアを撫で続けていると、早ければ10秒程度、長くても30秒かからないほどの速さでブタを寝かしつけることができてしまう。

今後日本発でブタを眠らせる研究が進んで行く

番組ではブタに詳しい大学の教授に見解を求めたところ、このような話はこれまでに聞いたことがないという。研究もされたことがないと思われる。

諸外国では日本よりもペットとしてブタを飼うことが一般的な国は多いという。この寝かしつけるワザが世界的に広まれば飼い主にとっては役立つだろう。

日本発の、ブタが眠たくなる仕組みの研究が今後進んで行くことを期待しよう。

スポンサードリンク