足が速くなるために短期間でできるトレーニング

子供の足が速くなるコツとは

足が速くなるコツ

秋の運動会シーズン、お子さんの学校でも運動会の開催が近づいているという親御さんは多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

しかし、スポーツが得意な子にとっては楽しみでしょうがない運動会も、運動が苦手という子にとっては悩みの種になります。特に花形競技であるリレーは足が遅い子にとっては逃げ出したくなる種目の筆頭と言えるでしょう。

私の子だもの足が遅いのは遺伝だから仕方ない…親御さんがそう思っていたらそれは大きな間違いです。足の速さは遺伝ではないそうです。

もっと足が速ければ運動会も楽しめるのに…足が速くなる方法があればいいのに…、そんな悩みをお持ちのお子さんがいる親御さんに、今回は是非試していただきたい「簡単に足が速くなるトレーニング方法」をご紹介したいと思います。

これまで多くのオリンピック選手の成績向上のためにスポーツバイオメカニクスを用いて指導に当たってきたスポーツ科学研究の第一人者・東京大学教授の深代千之氏によれば、足を速くするには正しい走り方を”頭で理解する”ことが一番重要だそうです。

頭で理解?そんなことよりもたくさん走って練習を積み重ねた方が速くなるのでは?と思う方もいるかと思いますが、練習は二の次というのが深代教授の教えです。

スポンサードリンク

まず、はじめに確認していただきたいのは、足が遅いお子さんの走り方です。親御さんも確認できればしていただきたいのですが、お子さんは走る時に足のかかとがお尻に当たるような走り方をしていますか?それとも当たらない走り方でしょうか?

足が速くなるには、実はかかとがお尻に当たるような走り方をすることが重要なのです。

無理矢理に当てるのではなく、走っている時に勢いよく足を動かすために自然にかかとがお尻まで上がってしまうという走り方です。この走り方をすると効率よく足が踏み出され、軽やかに走ることができ、スピードもアップするはずです。

他にもたくさんのポイントがあるのですが、運動会まで時間がないというお子さんは、まずこのかかととお尻が当たる走り方をイメージして、時間があれば走る練習もしてみてください。

また教授によれば、速く走れるようになるためには、たくさんのポイントはあるものの、それをいちいち考えながらこなすのではなく、脳にインプットさせることで考えずに無意識でポイントを押さえた走り方が実践できるそうです。

深大先生の「走力アップドリル」

最後に、NHK「助けて!きわめびと」で「運動会直前 誰でも足が速くなる」の回で深代教授が出演された時に教授が作った「足が速くなるためのドリル」も紹介しておきますので活用してみてください。

足が速くなる方法1
出典:NHK助けて!きわめびと 走力アップドリル1
足が速くなる方法2
出典:NHK助けて!きわめびと 走力アップドリル2
足が速くなる方法1
出典:NHK助けて!きわめびと 走力アップドリル3

スポンサードリンク