ローマ字表記 訓令式とヘボン式の2通りで教育現場に困惑

ローマ字 訓令式とヘボン式

ローマ字の表記をめぐって教育現場でちょっとした混乱が起こっているという。

スポンサードリンク

ローマ字の表記は基本的には子音+母音の形で表すことができる訓令式で習うが、一部の文字は例外的なヘボン式での表記の方が一般的なケースがある。

・し 【si/shi】
・じ 【zi/ji】
・ち 【ti/chi】
・つ 【tu/tsu】
・ふ 【hu/fu】
・しゃ 【sya/sha】

などの文字だ。

2020年度からスタートする小学5.6年生の英語教育だが、この中でも日本語と外国語の違いに気付かせることを目的に(小学3年年生で教わるローマ字とは別に)ローマ字の教育が行なわれることになっており、一部の現場からはどちらかの表記方法に統一すべきではとの声が上がっているという。

文部科学省は原則的には訓令式での教育を指導しているが、名前や地名などのローマ字表記に関しては圧倒的にヘボン式表記をされているケースが多く、上記の文字の訓令式で書かれた表記を目にする機会は実社会では極めて稀であろう。

ただし訓令式ローマ字が役に立つこともある。それはキーボードのローマ字入力だ。「ち」を打つ時はほとんどの人が「ti」と入力しているだろう。几帳面に「chi」と入力していては非効率でもある。

教わる生徒たちの中には2通りあることでの使い道の理解に苦しんでいるという事例もあるようだが、キーボードのローマ字入力用の文字列として割り切って訓令式を教えるという方向性は検討できないものだろうか?キーボードが存在する限りはそういった点においては訓令式は存在意義がるように感じる。

スポンサードリンク