フジテレビ「TEPPEN」ピアノ対決に”詐欺!!”の声

ピアノ対決決勝は?まさかの番組構成に視聴者激怒

TEPPENピアノ対決
9月16日フジテレビで放送された「芸能界特技王決定戦 TEPPEN 2016秋の陣」。改編期の名物番組で、各ジャンルの有名人が意外な特技を披露するとともに対決をして一番を決めるという同局の人気特番だ。

今回は「ピアノ対決」と「ベンチプレス対決」の2本立ての放送内容だったのだが、この番組の構成に非難の声が集中している。

スポンサードリンク

と言うのも「ピアノ対決」の準決勝が放送され、その後に「ベンチプレス対決」が放送されたため、視聴者はベンチプレス対決を挟んで番組後半でピアノの決勝が放送されると思っていたところ。ベンチプレス対決が終わるとともになんと番組も終了してしまったのだ。

肝心のピアノ対決決勝は来年1月に開催されるとのことで、突如としてその旨の告知が流されたため視聴者は怒り心頭。SNS等で不満や怒りが一気に噴出し拡散されたという次第。

同番組のピアノ対決は以前から人気を博している企画ということなので、テレビ局としてもこの人気のネタで出来るだけ引っ張りたいと安易に考えてしまった結果の番組構成だったと思われる。1月に安パイな企画を放送することでその時の視聴率を獲得しようということだと思うが、結果として今回番組を観てくれた視聴者の期待を大きく裏切ったと言える。

同番組の熱心な視聴者が今回の件で失望して、新年の決勝戦を観ることがなかったら、せっかくの人気番組の視聴率がテレビ局サイドの思惑とは裏腹に大きく下回ってしまうかも知れない。視聴率至上主義のテレビ界ゆえの苦悩と言えよう。

スポンサードリンク