チケット転売問題の解決策を経済学から考察してみる

チケット転売問題とは

チケット転売問題
8月23日に朝日新聞と読売新聞に掲載された、とある意見広告をご存知でしょうか?

「私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します」

とのコピー。その下には賛同するアーティストと賛同イベントがずらりと名を連ねている。そうです、この意見広告は音楽業界がチケットの転売に”No”を突きつけたものなのです。

スポンサードリンク

音楽業界の意思が表明されてから、この転売問題について多くの専門家が見解を示していますが、一概に賛成意見ばかりではありません。経済学的に考察するとこの転売という問題の複雑な構造が見えてくるのです。

今回は経済学者の大竹文雄氏が日本経済研究センターWebコラムに寄せた「チケット転売問題の解決法」を参考にこのチケット転売問題について考察してみたいと思います。

チケット転売の具体的な問題点

音楽業界の主張

チケットの買い占めによって不当に価格が吊り上げられて転売する個人や業者が横行することで、次のようなデメリットが生まれると音楽業界は主張しています。

  • 本当にチケットが欲しいファンに行き渡らない
  • アーティストとファンの良好な関係が壊されてしまう
  • 定価よりも高額で転売された利益はアーティストに還元されない

業者側の反論

あるチケット転売業者の社長は次のような反対意見を述べています。

  • 良い席で見るためにはお金を払ってもいいというファンの要望は自然なもの
  • 個人が自由にチケットを売る権利は資本主義経済の根幹として守るべき
  • 販売者は古物営業法に準じた本人確認を行っておりダフ屋等の反社会的勢力の介在は一切ない

チケット転売問題

経済学的に考えると

音楽業界の主張を経済的な視点で検証すると次のように考えることができます。

「チケット転売のために本当に欲しいファンに行き渡らない」について

コンサートのチケット入手方法が抽選のみの場合、当選したファンの中にはこの価格なら行くけれで、これ以上の価格なら行く気がないという人もいるでしょう。

逆に外れた人の中には、もっと高い金額を出してでもいいので行きたいという熱烈なファンもいるでしょう。

ポイントとなるのは、人それぞれのチケットに払ってもいい金額の限度額こそが、どのくらい行きたいのかを客観的に測ることができる数値となることです。

当選した人の中には高く売れるなら売りたいと考えるがいるでしょうし、外れた人の中にはもっと高くてもいいから入手したいと望む人もいるでしょう。チケット転売業者の存在はこの二つの立場のファンのニーズを叶えているのです。

チケットがこのような流れをたどり、熱烈なファンだけが会場に来るという状況が生まれると、結果的にもライブは盛り上がることになるのでアーティスト自身も嬉しく思うはずです。

つまり、転売のせいで本当に欲しがっているファンに行き渡らないという考えは誤りで、熱烈なファンに行き渡らない理由はチケット購入が抽選制となっているためなのです。

「アーティストとファンの良好な関係が壊されてしまう」について

アーティストの人気が高くなったからといって、価格をつり上げてしまってはファンを不快な気持ちにさせるでしょう。アーティスト側は公正なファンサービスの一環としてチケットのファンクラブの先行販売や抽選当選率アップを実施しますが、抽選に外れた熱烈なファンは転売チケットを買ってでもコンサートに行こうとします。

つまり、正規の販売価格を上げることは、熱烈なファンを絞り込むという効果が期待でき、一概に非難対象にすべきではないのです。高すぎない価格で販売することで、供給よりも需要が上回る超過需要の状態の維持ができ、アーティストの人気を保つ上では実は都合が良いのです。

行列のできるお店はどこもこの超過需要の状態を意図的に作り出し、人気のある状態を保っているのです。つまり、アーティストもチケット価格を上げたり、大勢の観客を収容できる会場を使用せずに、わざとファンのニーズに供給が追いつかない状態を作り出してチケットが完売する状況を生み出しているトイう麺があるので、転売業者に”ファンとの良好な関係を壊すな”とは言えない面もあるのではないでしょうか?ものすごく端的に表現するなら、アーティストもファンを都合よく利用しているということです。

「定価よりも高額で転売された利益はアーティストに還元されない」について

チケットが抽選制によって販売された時点で、アーティストには然るべき利益が発生して還元されているという考えに基づき、転売によって発生した利益は比較すべきで気はないという見方もできます。仮にチケット手数料での利益を求めるなら、抽選時の正規の販売価格をもっと高額に設定すれば良いのではないでしょうか。

また、転売を法的に禁止したところで実際問題、転売市場は無くなることはないでしょう。市場がより地下に潜り込んでしまうだけなのです。そうなると取引上の安全性が低下し、詐欺が増えていくでしょう。

スポンサードリンク

チケット価格が高騰するメカニズム

転売価格が高くなり過ぎる事例は珍しくありませんが、その仕組みについて考えてみましょう。人は自分が一度手にした物にはそれ以前よりも高く評価するという傾向があるそうです。これを「所有効果」と呼びます。この心理の働きのために、抽選で当選して購入したチケットが、売り出される時には定価よりもかなり高く業者に提示され、買い取った業者はさらに手数料を上乗せするため、購入する時には随分と高額に跳ね上がった金額を支払うことになるのです。

転売が社会的に非難されやすい理由

チケット転売などの行為が一般的に嫌悪感を持って見られがちなのには理由があります。「贈与交換」という考え方で、一定の価格や労働などに対してそれ以上の見返り(価値=ライブでのパフォーマンス・労働賃金など)を受けた場合に人は何かお返しをしたくなるという心理が働くとされています。チケットで例えるなら、安い価格で入手できたチケットなのだから、ライブで精一杯応援してライブを盛り上げようという気持ちを持つのが本来のファンの姿で、そのチケットを業者に高値で売るというのはファンの掟に背く行為という印象を持たれがちなのです。

転売問題に打開策はあるのか

熱心なファンに公正にチケットが行き渡るために打開策はあるのでしょうか?一例ですが次のような方法が考えられるといいます。

その方法とはコンサートチケットの一定枚数を販売会社自体がネットオークションに出品し、落札価格が定価以上になった場合に差額を慈善団体への寄付等に当てるという方式です。

価格が高騰しても世の中のために使われる寄付という形になるなら購入者自身または社会的にも理解を得られるでしょうし、転売業者の扱うチケットも、正規のオークションでの価格が基準となるので高騰しすぎることが抑制できるでしょう。

チケット転売は音楽業界に限らずスポーツやエンターテインメント業界など多くのぎゅお買いに密接した問題です。音楽業界は他の業界に先駆けて今回この問題に声を上げたのですから、単に転売撲滅を謳うのではなく、ファン、アーティスト、そして必要悪と捉えるべき転売業者の三者それぞれが不幸にならないシステムを近い将来構築してくれることを期待したいところです。

スポンサードリンク