タイガーマスクWの正体は?独断と偏見で「飯伏幸太」と予想

タイガーマスクのアニメ最新作「タイガーマスクW」が遂に放送開始

10月1日深夜より放送がスタートしたアニメ「タイガーマスクW」。昭和のプロレスアニメの金字塔「タイガーマスク」が帰ってきたとあって、プロレスファンの間では大変な注目を集めています。

スポンサードリンク

昭和のアニメ「タイガーマスク」は梶原一騎原作の人気漫画の原作で、孤児院出身のタイガーマスクこと伊達直人と、彼が修行を積んだ虎の穴と呼ばれる秘密組織からの使者との血の抗争を描いた名作。続く2作目のアニメ「タイガーマスク二世」では新日本プロレスとのコラボレーションで、実際のプロレスラー「タイガーマスク」が誕生。80年代前半に社会現象ともなった空前のプロレスブームの火付け役となったことは多くの人が知るところです。

そして2016年、多くのイケメンスター選手が群雄割拠するプロレスは、プ女子と呼ばれる女性のプロレスファンの増加もあり、長年の凍りの時代から抜け出し、今再び熱い脚光を浴びています。

そんな機が熟した今だからこそアニメ化が実現したとも言える今回の最新作「タイガーマスクW」。作中には実在の新日本プロレスのスター選手が惜しみなく登場してくるので、アニメファンのみならず新日本プロレスファンにも見逃せない作品となっています。放送時間は新日本プロレス中継の「ワールド・プロレスリング」の前番組。土曜日の深夜はターガーマスクから新日本プロレスを通して観ることができるファンにとっては夢のような時間帯になったというわけです。

新日本プロレス両国大会にタイガーマスクWが登場

タイガーマスクWの正体は?
出典:タイガーマスクW公式サイト

さて、10月10日(月・祝)にそのタイガーマスクWが現実の世界に現れるのをご存知でしょうか?同日両国国技館で開催される新日本プロレス「戦国炎舞 -KIZNA- Presents KING OF PRO-WRESTLING」の大会の特別企画として、全試合開始の16:00の更に前、15:30からタイガーマスクWvsレッドデスマスクというスペシャルマッチが実現するのです。

スポンサードリンク

熱心なプロレスファンの間では早くもタイガーマスクWの正体当てが話題に上っているようですが、当日、その雄姿を目の当たりにするまでは正解は誰にもわかりません。ファン歴が浅い人は「マスクマン(覆面レスラー)なんだから、実際に見ても顔がわかる訳ではないので正体までは分からないのでは?」と思うかも知れませんが、それはありません。プロレスファンは目が肥えているので、体格、動き、顔の露出している部分などのデータから瞬時に正体は見抜かれます。

事前に選手の画像などが公開されていないのはビジュアル面を「当日のお楽しみ」としているファンサービスの側面もありますが、画像1枚から簡単に正体がばれてしまうため、それを防ぐという意味も持っています。

タイガーマスクWの正体は誰?期待に沸くファンの声

そんな情報過多な現代ですので、当日タイガーマスクWを務める選手というのは即バレありきでプロデュースされるという流れが自然でしょう。新日本プロレスは非常に選手層が厚く、現在活躍している選手と海外で活躍している選手の中からアニメの世界のような四次元殺法を再現できる選手は複数の候補選手が挙げられます。以下に候補選手と筆者の個人的な見解を書いてみたいと思います。

タイガーマスク(4代目)

当日のカードにラインナップされていないため、四代目がWに扮するとの予想は多いようですが、新鮮味がないためちょっと考えにくいと思います。ワンマッチ限定性のプレミア感のある選手がWになるはずです。

小松洋平

海外武者遠征中の小松選手はもともとマスクマン志望ですし、タイミング的には申し分ないですが、マスクマンとして帰国するならオリジナルのマスクマンとして返信を遂げてからではないかと予想します。それにタッグパートナーの田中選手とは別で単独での帰国というのも考えにくいように思います。「田中が相手のレッドデスマスクになれば二人で来れる」と考えがちですが、主人公と悪役という立場上、その時点で二人に見えない格付けのようなブランディングがされても宜しくないので今回は小松選手と田中選手の帰国は現実的ではないと思います。

田中翔

小松選手の欄を参照。

マット・サイダル

欠場中のため当日のカードに名前がないので、サイダルがタイガーになるのではないかと見ているファンも多いとおもいます。しかし欠場となった理由が飛行機トラブルとアナウンスされており、詳細がよくわからないサイダル選手。欠場の影響で王座からも陥落しているので、エキシビションマッチに出場している場合ではないような深刻なゴタゴタ感をファンとして感じます。サイダル選手ということはないでしょう。

カマイタチ(高橋広夢)

1月に緊急来日をしてファンを驚かせたカマイタチ選手ですが、カマイタチとしての認知度の高さから、別のマスクマンのタイガーマスクWに扮することはないでしょう。カマイタチ以外のキャラクターになるなら「高橋広夢」本人以外は考えにくいです。カマイタチに余計な色がつくようなプロモーションを新日本プロレスはしないでしょう。

独断と偏見で勝手に予想、タイガーマスクWの正体はアノ男

上述の通り、私は名前の挙がっている選手の全てがタイガーマスクWの正体としては現実的には考えにくいとおもいます。では一体誰が?ここからも完全な私の推測ですが、両国に登場するタイガーマスクWはズバリ!!飯伏幸太選手です!!
理由は以下の通り。

  • ワンマッチ限定のプレミア感のある選手である
  • 他の貴重な所属選手にタイガーのカラーやイメージがつくのを避けたい(3代目金本選手の初期の教訓から)
  • アニメの世界の動きを具現化できる
  • タイガーへの変身も飯伏幸太ワールドの一環と捉えれば、ファンは難しく考える必要がない
  • アニメとの楽しいコラボ企画なので飯伏のカラーとマッチ

など。どうでしょうか?独断と偏見に満ちた推測に過ぎませんが「タイガーマスクWは飯伏幸太」これが私の見解です。

おっと、忘れるところでした…対戦相手のレッドデスマスクの正体も気になるところですよね?これも個人的な憶測の範疇を抜け出せませんが、今の新日本のジュニア戦線は外国人選手がいつの間にかありえないハイレベルのアスリート集団になってしまいましたので、その中の誰かが「赤き死の仮面」のマスクを被るのではないでしょうか?

タイガーが飯伏幸太だとすると相当な身体能力の高さが求められますが、ジュニア外国人軍団ならどの選手も合格ラインです。今年スーパーJr.に初出場で初優勝を果たしたウィル・オスプレイ選手の超絶アクションはアニメの動きを再現するのに充分ですが、当日の第一試合出場となっているので、インターバルがなさすぎな気がしますので、第二試合に出場のボビー・フィッシュ選手が本命です。対抗として、同じく第二試合に出場のロッキー・ロメロ選手を挙げたいと思います。ただし、レッドデスマスクはおそらく負けることが前提なので、先シリーズ連敗続きのロメロ選手にまた負け役であるキャラクターを演じさせるのも酷な気がするので、ボビー選手の可能性が高い気がします。

ファンの皆さんもあと二日、アニメから飛び出してくるタイガーマスクの正体をお友達とあれこれ予想して楽しんでみて下さいね!!

スポンサードリンク