小池都知事 市場の豊洲移転を発表 5年後には築地へ戻り再開発の意向

小池都知事 築地市場の豊洲移転を発表

20日、東京都の小池都知事が築地市場の豊洲移転問題に関して、今後の基本方針を発表した。

会見で小池都知事は、築地市場の将来的な再開発の意向を示し、その間の市場機能は豊洲新市場が果たすよう一時的な市場の移転のプランを後悔した。築地市場の老朽化対策、耐震工事、土壌汚染調査や必要に応じた対策など、然るべき整備が整ったところで5年後を目処に築地に市場を戻し「食のテーマパーク」として再開発に取り組むという構想である。

世界に名だたる築地ブランドを守るため、そして豊洲市場の累積赤字を未来に残さないため、透明性の高い運用改善を目論んだ計画と知事は主張する。

週末に都議会議員選挙の公示を控えたこのタイミングでの発表というのが、選挙戦を見据えた計算もはらんでいるいることは都民の目にも明らかだが、膠着していた築地問題が再び大きく動き出したことは間違いない。

会見で発表された市場再開発プランに関する3つの方針は下記の通り。

・地下空間の追加対策、地下水管理システム補強策などの安全対策を講じた上で豊洲市場を活かす。

・豊洲市場は冷凍冷蔵の加工等の機能を強化しITを活用した総合物流拠点とする

・東京都は事業者の皆様、、都民の皆様の信頼回復に徹底的に取り組む

スポンサードリンク