トヨタとスズキが業務提携へ向けて検討開始

業界再編なるか?トヨタとスズキが提携への検討を開始

12日、国内自動車メーカーのトヨタ自動車とスズキが今後の業務提携に向けて検討を開始していくとの発表を行ないました。

スポンサードリンク

具体的な提携内容については何も決まっていないとされていますが、資本提携も含めて国内自動車メーカーの再編につながる可能性を大きく秘めた今回の発表に今後の動向が注目されます。

トヨタ自動車東京本社で開かれた会見の席上で豊田章男社長は提携について、社長就任以来、良い車作りと良い車社会作りにおいては他社とのオープンな関係を目指す姿勢が変わっていないことを説明。自動車業界を取り巻く環境が目まぐるしく変化している現代の流れの中で、未来予測の制度を上げるのではなく変化への対応力を磨くことが重要だと語りました。
また、自社とスズキが同じ静岡県で誕生した企業であることを挙げ、今回の提携に向けての検討開始は静岡に根付く”やらまいか精神”に則って、より良い車を作っていくための”やらまいか提携“だと思っていると述べました。

スポンサードリンク

両社が抱える課題とは

スズキは軽自動車と小型車を中心に生産・販売をしているため先進技術開発の点で他社に遅れをとっていると言われています。

トヨタは先端技術の規格作りや他社との業務提携の面で立ち遅れているとされてきました。

両社が掲げる目標はともに「自動車産業の更なる発展」であり、今回の提携に向けての検討がスタートすれば良品廉価至上主義による業界の閉塞感を脱する糸口を見つけることができるかも知れません。また、電気自動車開発に伴う異業種の業界参入などによる競争激化に向けても屈強な布陣を敷くことができるでしょう。若者の車離れという近年の課題にも両社のこれからの取り組みによって大きな進展が望めるかも知れません。

トヨタとスズキの業務提携が進み出したことで、車社会の未来に向けた時計の針が動き出したといえるでしょう。

スポンサードリンク