嗣永桃子が来年ハロプロ卒業&芸能界引退を発表 その意外な理由とは

“ももち”こと嗣永桃子が来年で芸能界引退を電撃発表

須永桃子が来年ハロプロ卒業&芸能界引退
出典:ハロー!プロジェクト公式サイト

11月5日、新宿で開催された「カントリー・ガールズ ライブツアー2016冬」の公演にて”ももち”こと嗣永桃子が来年6月30日をもって、ブレイングマネージャーを務めるカントリー・ガールズと所属事務所のハロー!プロジェクトを卒業すると電撃発表をした。

スポンサードリンク

引退後は芸能界を離れ、幼児教育の勉強をして児童教育関連の仕事に就くことを考えているという。

嗣永が引退を決意したのは次のような理由だという。

  • 来年6月30日がハロプロに受かった記念日
  • 来年はデビュー15年の節目の年
  • カントリー・ガールズのメンバーの成長を見て「次は私の番」と思った

嗣永は大学卒業と同時に小学校と幼稚園の教員免許もしているが、将来的な就業のために芸能界引退後はまずは本腰を入れて幼児教育の勉強をしていく覚悟だという。

以前トーク番組で、アイドルの活動をしながら小学校で教育実習を受けた際の次のようなエピソードを披露していた。嗣永本人はアイドルの”ももち”であることを隠して実習生として通い、生徒たちも気付いている素振りがないまま研修の1ヶ月が過ぎた。最終日に生徒たちとのお別れ会の場でクラスのみんなに挨拶を済ませたところ生徒たちから「”ももち”1ヶ月間ありがとう」とのお礼の言葉が返ってきたため須永は号泣してしまったという。

スポンサードリンク

テレビの中に見る須永のキャラクターは「ぶりっ子」が前面的に出ており、素の部分はわかりづらい印象だが、今回の引退発表を聞くと非常に人生に対して真摯に向き合っている真面目な女性であることがわかった。

嗣永の活躍が目立つようになってきた頃、アンチも多くいただろうし、同性からも必ずしも好かれるタイプではなかったように推測するが、気がつけばももちは市民権を得てお茶の間の人気者になっていた。

嗣永は会見で

アイドル活動を通して感じたことを子供たちに伝えられたらとは思います。そのほうが私自身に向いていると思うので。教え子からアイドルが生まれたら素敵ですね(笑)。

とにこやかに語った。

アイドル戦国時代を勝ち残ってきた嗣永があっさりと引退をしてしまうのは惜しい気もするが、本人が選んだ第二の人生での活躍を祈りたい。

スポンサードリンク