和田アキ子が紅白落選についてラジオで心境を生告白

和田アキ子が紅白落選について生放送でコメント

和田アキ子が紅白落選について語る
出典:ホリプロ公式サイト

和田アキ子が26日、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」で第67回紅白歌合戦の選考に落選した件に関して心境を告白した。

スポンサードリンク

番組冒頭でアシスタントの垣花正アナウンサーがテレビなどのメディアでの著明タレントの和田落選に関するコメントを紹介。

和田はそれらのコメントに感謝を述べ、親しい出川哲朗からの励ましのメールのタイトルが「歌手・和田アキ子様へ」とされていたというエピソードも披露した。

またこの日ニッポン放送の入り口で週刊誌か何かのカメラマンに写真撮られたことも明かし、この落選の話題がしばらく続くことを感じている様子だった。

そんな世間の関心やネット上での自身への辛辣な意見などに対してなのか、またNHKに対してのものなのか明言はしなかったものの「言いたいことは山ほどあるけれど落ち着きました」と現在の心境を語った。

そして今回の落選によって、こんなにも人の気持ちが優しいと感じられる私に戻してくれたことに対して紅白に感謝しているのだという。

そして和田は24日に報道各社に宛てた署名入り書面で発表したコメントを改めて朗読。コメントは下記の通り。

今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります。

これまでトリも務めさせていただき、司会も務めさせていただき、紅白歌合戦には色々と勉強させていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

これも、これからの歌手人生のための1つの通過点と思っております。和田アキ子は、これからも歌い続けていきます!!

いくつになっても、声が出る限り、誰かの心のオンリーワンの歌手になれるように、今後も邁進していきます。

このコメントが偽りのない気持ちだという。

スポンサードリンク

「今年は紅白は見たくない」年末は海外へ逃避行か

さらに和田はトークの中で、自身がランキングで1位になったことはないが、記録には残らなくても記憶には残る歌手として歩んできた自負があると語った。

近年若いアーティストと一緒にフェスなどのステージに上がる機会も与えてもらっていることへの感謝の思いや、微々たる枚数しか売れないがそれでも新曲をいつも買ってくれるファンの人たちへの感謝を熱く語った。

紅白落選というそれだけのことで、多くのファンやホリプロやマネージャーや友人からこんなにも優しくされて、周囲への感謝の気持ちが溢れているという。

また、和田は30年間年末は紅白に出場を続けてきただけに、年末年始の過ごし方のルーティンがあるという。28日に美容室へ行き、29日からはリハーサル、その帰りにお雑煮の準備やお年玉の準備をして、本番終了後は帰宅すると松村邦洋や武田修宏などが自宅に来ていて「お帰りなさい」と迎えてくれ、紅白の自分のシーンだけを何回も見て、元日に海外旅行へ出発するというのがここ30年間のルーティンになっていたという。この習慣を今年はどう変えるか考えないといけないと、30年ぶりに迎える紅白に出場しない年末年始の過ごし方に対する不安を語った。

今年の紅白歌合戦は観たくないので早々に海外へ旅立つ可能性もあるという。80年代初頭の出場できなかった数年間は実際に年末からはほとんど日本にいないで海外で過ごしたという。和田は屈辱を振り払うべく海外で新年を迎えるのか。

和田はトークの最後にリスナーに向けて再度心境を語った。

負けず嫌いで言っているのではなく本当にこんなこと(紅白落選)でもなければ、私は人の気持ちを分からない人間になっていた。私は何も変わりません、これからも歌い続けていきます、誰かの心のオンリーワンになるように…和田アキ子は不滅です。

そう言って番組では和田アキ子の1997年発売のシングル「夢」が流された。

スポンサードリンク